【賃貸物件】日高郡みなべ町,募集中の一覧

5

日高郡みなべ町

変更
物件種別
賃料
築年数
面積
間取り
駅・バス停からの時間
情報公開日
画像・動画あり
条件

該当物件は

5

和歌山県日高郡みなべ町近辺の画像

和歌山県日高郡みなべ町エリア情報
日高郡みなべ町は昭和29年に「昭和の大合併」によって、南部町が岩代村と合併し新制・南部町となり、上南部村、高城村、清川村が合併して南部川村が誕生しました。平成16年10月1日、南部町と南部川村が合併して誕生した「みなべ町」は、和歌山県のほぼ中央に位置にあり、日本一の梅の里と呼ばれており早春の山野を白く彩るその花は、その清潔さと香り高いです。
カルシウムやビタミンDを豊富に含み栄養満点の魚として、「いわし」は、南部漁協で最も水揚げが多く、みなべの夏の風物詩でもある漁り火漁で獲れます。
和歌山県の県木であり、みなべ町の木でもあるウバメガシを使った紀州備長炭は世界の最高傑作として評価され、生活燃料として発達し、昔からうなぎの蒲焼きや高級料理の燃料として重宝されてきました。
毎年8月に開催される「鹿島神社奉納花火大会」は、1707年に起きた津波から町を守ってくれた鹿島の神への感謝を込めて始まりました。みなべ町の鹿島神社には江戸時代の花火筒が今も残っています。
Hotel&Resorts WAKAYAMA-MINABEに隣接する「小目津公園」は、遊具も充実しており子供にも人気となっております。園内には天然芝が敷きつめられており休日には家族連れで賑わっています。
例年1月下旬から3月上旬に開園する「南部梅林」は、2月中旬に見頃を迎えます。一目百万香り十里といわれる南部梅林は日本最大級の広さを誇ります。ペットと一緒にかぐわしい香りに包まれながら春を感じてみてはいかがでしょうか。